お仕事が継続的にどんどん舞い込む!
編集者が手放したくない
Webライターになるには?

   

Webライターとしてお仕事をされながらも、毎日「次の仕事があるのか…」と不安になりませんか?一定の仕事量を確保するためには、編集部が求める高いプロ意識とスキルが必要不可欠!では、具体的には何をすべきでしょうか?このサイトで、プロのWebライターになるには?Webライターとしてステップアップするには?を一つ一つ解説していきます。

仕事量が安定している
Webライターになるには?

仕事の依頼が絶えないWebライターとは

困るWebライター

「来月の依頼がこない…」「満足できる仕事量じゃない…」

そんな風に悩んでいるWebライターさんも多いはずです。

今は、誰でもWebライターを名乗ることができる時代。紙媒体と比べてWebライティングはハードルの低い仕事が多く、1つの案件に多くのWebライターが一気に応募するのが現実。悲しいことに、誰でもなれる職業だからということで、自ずと競争は高まります。

一方で、継続的にお仕事を発注してもらえるWebライターさんもいます。このようなWebライターさんは、企業側に求められて仕事の依頼を受けます。その人が依頼する価値のある仕事ができるプロのWebライターだからこそ、指名して仕事を依頼したいという企業側の編集者は世の中にたくさんいるのです。

では、継続的に発注してもらうためにどうすればいい?

思い浮かぶWebライター

継続的に発注してもらえるWebライターになるためには、ライターとしての価値を高める必要があります。編集者が求める価値の高いライターとは「プロ意識が高い+スキルが高い」人です。

≫編集者が依頼したいプロのWebライターとは?

例えば、スケジュール意識や自ら情報を取りにいく姿勢などの仕事に対する本気度と、専門性の高い記事を書くことができる力や最後まで記事を読ませる力などのライティングスキルが求められています。

当然ながら、編集者からは一定の質をクリアした記事の納品を求められます。編集者の求める品質の記事を書くことができなければ仕事になりません。

高い報酬の仕事となれば、求められる品質も上がります。逆にいえば、品質の高い仕事ができるスキルがあれば、仕事の依頼も増え、仕事の内容も選べるようになるでしょう。

まず、求められる品質に応えるため、次のスキルを鍛えてみましょう。

  1. SEO対策ライティングスキルの鍛え方
  2. ライティングの意図を理解するスキルの鍛え方
  3. ターゲットのペルソナ設定スキルの鍛え方
  4. 編集部の修正から勉強の大切さを知る

しかし、これだけでは編集者が依頼し続けたくなるWebライターになれるとは限りません。なぜなら、これらはライティングの基本中の基本。既にこれらのスキルを持ったWebライターは、世の中にたくさんいます。

現在、編集者に求められるWebライターは更なる付加価値を持った人なのです。

編集者は、
3種類のプロの
Webライターを求めています

プロとしての基本をクリアできたら、更にレベルアップを追求しましょう。現在編集者が求めているプロには3種類があり、その中の1つでも習得することができれば編集者にとっては魅力的に見え、手放したくなくなるでしょう。

1)速筆Webライター

どんなジャンルの依頼でも限られた時間でスピーディーにこなすWebライター。

ジャンルを問わず編集者が求めている質で文章を納品するためには、時間の徹底管理が非常に重要。また、リサーチなどの事前準備もきちんとするように意識しましょう。

速筆Webライター
について詳しく見る

2)専門性の高いWebライター

特定のジャンルの知識に長けるWebライター。前職や現職の経験を生かし、業界に詳しい人でないと書けない専門的な記事を書けるライターです。現在専門知識がなくても、資格取得を目指すことで知識を習得してみましょう。

専門性が高いWebライター
について詳しく見る

3)CMS入稿ができるWebライター

近年Web上のコンテンツにおいて多量のオリジナル記事や更新頻度の高さが求められるようになり、最近ではCMSというシステムを使ってWebサイトを作る企業が増えてきました。CMSへの入稿ができるようになれば、仕事の幅を広げることができるでしょう。まだCMSを知らない方は、まずはHTMLの勉強を始めましょう。

CMS入稿ができるWebライターについて詳しく見る

スキルを持っているのに、なぜ依頼が来ない?!

上記のスキルを持っているのに、なぜか編集者からライティングの依頼が来ない…そんな場合は、もしかしたら、募集サイトに書いてあるプロフィール内容が編集者の心を掴めていないのが原因かも知れません。

編集者にとって、プロフィールでしかあなたを判断できないため、プロフィールの書き方を工夫してみましょう!

依頼したくなる魅力的な
プロフィールの作り方とは?

Webライターについての
お悩みを解決!

「なかなか良い案件が見つからない……。」

「良いお仕事は非常に人気が高いし、なかなか見つけられない。応募できたけれど、ただの作業案件だった…」

あなたにとって良いお仕事とはどのようなものなのでしょうか。良いお仕事と出会いたいと思うのであれば、自分のやりたい仕事を明確にし、募集サイトをきちんと選びましょう。募集サイトによって扱っているお仕事の分野や内容が全く違うので注意が必要です。

≫良いライティングのお仕事を見つける方法とは何?詳しく見る

「クライアントとのやり取りで
トラブル…」

クライアントとのトラブル

「クライアントとの取引は毎回不安だらけです。クライアントから予定になかったことをいきなり追加依頼されます。また、仲介の編集者とクライアントの意見が大きくずれていました…」

安心してライティングのお仕事をするためには、クライアントと編集者との意見が一致しているお仕事を選ぶのが理想的ですね。では、良いお仕事の選び方とは…?

≫Webライターさんがトラブルなしで取引する方法とは?
詳しく見る

「納品方法を統一してほしい…」

「毎回編集者が違うので、納品方法や提出方法もバラバラ。大きな問題ではないが、少しややこしく感じますね…」

募集サイトで応募した案件は、基本毎回違う編集者のため、編集者のスタイルやこだわりも異なります。前回の編集者では喜んでもらったライティングスタイルなのに、今回の編集者にはひどく言われることもあるでしょう。しかしながら、同じ編集者からお仕事を受け続けることができたら、この悩みは解消できますよね。具体的な方法をお教えします。

≫Webライターさんにとって、楽な納品方法とは?詳しく見る

「安定できる仕事量を確保できない……。」

Webライターとしてお仕事をされる中で、常に 「次の仕事があるだろうか…」と不安になることはありませんか?クラウドソーシングでは、一回限りのお仕事が殆ど。また、登録しているWebライターが多く、編集者にとっては誰に発注してもあまり変わらないと考えられていたり、そもそも発注できる案件もあまりない募集サイトもあります。安定した仕事量を確保するために、まずは長期間お仕事を受けることができる募集サイトに登録しましょう。

≫安定したライティングの仕事を確保する方法とは?詳しく見る

直撃!プロWebライターたちの本音インタビュー

プロと呼ばれるWebライターとはどんな人なのだろう?そんな興味はありませんか。異なる分野のプロのWebライターの一日に密着し、プロになるコツを明らかにします。気になるプロWebライターさんの一日を見てみましょう。普通のWebライターとプロのWebライターの違いがわかるかもしれません。

ぜひ彼らの仕事への姿勢や態度をみて、あなたもプロライターを目指しましょう!

スキル向上を常に意識
17年目の美容系プロWebライター

プロ美容系WebライターR.Nさん

美容系ライターになってから17年目、常にたくさんの依頼をこなし、プロとして活躍するR.Nさん。
Webライターは作家ではないので、編集者の要望を聞き、フィードバックなどを確認、常に今後の執筆のために自分のスキルの向上を意識しているとのこと。その仕事ぶりに密着しました。

≫経験者が語る!17年目のプロWebライターの一日をcheck!
詳しく見る

女性の心を掴む
プロの副業Webライター

プロの副業WebライターM.Mさん

普段のM.Mさんは、サロンに関わるお仕事をされています。

しかし、自宅にいるとプロライターに変身。本業の知識を生かし、「情熱とリサーチ」を意識しながら一番読み手に響くライティングを追求しています。

≫プロ副業Webライターの一日をcheck!
詳しく見る

徹底してスピードにこだわり
数年で月収80万円になったプロ

プロWebライターY.Sさん

毎月80万円以上稼ぐプロWebライターのY.Sさん。一体、どのようにプロの道に進むことができたのでしょうか?徹底してスピードを上げるため、ライティング中の際に反復式カウントダウンタイマーを使うなどのこだわりを明らかにします。

≫ここが違う!月収80万円稼ぐWebライターの一日をcheck!
詳しく見る

お仕事が継続的に提供されるサイトに
登録してみませんか?

当サイトを運営している全研本社のWebライター募集サイト「ライターステーション」では、全研本社が制作・運用している4000~5000にも及ぶ数のWebサイトのライティング依頼があります。

ジャンルもバリエーションが多いのが特徴。クラウドソーシングのように応募して選ばれることを待つという形ではなく、Webライターさんの得意分野などによって編集部から直接発注する形で依頼しています。仲介業者を通さずに全研本社から直接発注しますので、透明性も高く安心。また経験が少ないライターさんであっても、編集部が積極的にフィードバックを行い、フォローアップをします。

≫ライターステーションのこだわりとは?

ライターステーションのお仕事例を紹介!

ライタステーションでは様々なジャンルのお仕事がありますが、特に多いものをピックアップして紹介します。

  1. 医療・健康

    全研本社の運営する健康をテーマとしたサイト「サプリ」を始め、多くの医療・健康・アンチエイジングのお仕事があります。医療広告ガイドラインや薬機法に即した専門的なライティングが求められます。

  2. コスメ・美容

    全研本社が運営しているコスメメディア「コスメニスト」など、ライターさんに書いて頂きたいコスメや美容のライティング依頼がたくさんあります。このトレンドがどんどん変わるジャンルをこなすには、流行を敏感にキャッチするアンテナが必要です。

  3. 建築・不動産・不動産投資

    全研本社では常に多くの建築や不動産系のWebサイトを制作・運営しております。専門知識や業界用語の理解はもちろんですが、それらを一般的なユーザーでもわかりやすく伝える力が求められるジャンルです。

  4. 恋愛・結婚

    大人の男性の“モテ”を追求するメディア「美侍」や結婚相談所「サンマリエ」のオフィシャルサイトなど、数々の恋愛・結婚ジャンルのお仕事を依頼。恋愛観を深堀したり、独自の視点が光るWebライターさんを募集しています。

実際にライターステーションに登録しているWebライターさんの声を聞いてみよう

ライターステーションに登録しているWebライターにアンケートを実施し、実際に登録しているWebライターさんの声や感想を聞いてみましょう。彼らの登録理由や気になった理由を読んで、ライターステーションがどんなサイトか確認してみてくださいね。

ライターステーションに登録しているWebライターさん
から実際の声を聞いてみる

「コツコツやっても理想通りの月収を稼げない…?」「他のところでお仕事をしたら今稼いでる報酬より高くなる?低くなる?」

現在のあなたのスキルと仕事量からライターステーションでの月収を簡単チェック!

≫「ライターステーション」での月収をチェック

当サイトについて

目指せ安定収入Webライター!仕事がずっと来るWebライティング研究所は在宅Webライター募集サイト「ライターステーション」編集部が運営しています。

プロのWebライターを目指すために役立つ情報を提供し、身につけたいスキルや姿勢について解説します。また企業が求めているWebライター像などをインタビューや事例を交えながら紹介しています。

≫目指せ安定収入Webライター!仕事がずっと来るWebライティング研究所運営会社情報について

姉妹サイト「WebディレクターLABO」

「WebディレクターLABO」は未経験のWebディレクター、これからWeb業界に飛び込みたいと考えている方に向けた、編集部の運営会社である全研本社が運営するメディアです。
WebディレクターとWebライターの関係性やお仕事についてもまとめているので、気になる方は見てみて下さいね。

≫Webライターになるには?気になる仕事内容や年収をチェック

トップページ:WebディレクターLABO