17年目の美容系プロWebライター

プロの美容系WebライターR.Nさんの朝から晩までの、一日の生活を紹介。
プロの生活はどのようなものなのかを教えてもらいました。プロを目指している方は、ぜひご覧ください。

プロの美容系ライター紹介

プロ美容系WebライターR.Nさん

17年目の美容系プロライターR.Nさん

Webライター経験:17年以上

得意分野:美容

こだわり:気持ちを込めて文章を書くこと

自己紹介:コスメやネイルなどの美容好きが高じて、ライター業と並行して、自分でショップを立ち上げてしまうほどの美容オタク。これからも、美容ライターのお仕事を通じて、美しくなることの喜びや元気を届けていきたいです!

一日のお仕事に密着!

8時

08:00 起床

身支度、朝食をとり、子どもたちを保育園へ送迎。

8時

09:00 メールチェック、記事執筆

メールチェック&一日のスケジュールを再確認。
まずは、取引先のクライアント様各社から、修正などの急ぎ対応の連絡が来ていないかを確認。新規ご依頼の連絡が来ていれば、執筆の可否の連絡を返信します。

9時

09:30 執筆開始

執筆開始。その日の作業量に合わせて、昼食までに1ページ30分で執筆するなどの目標を細かく決め、地道に進めます。

プロ美容系WebライターR.Nさん

★ここをチェック★

執筆前には、原稿にリアリティを持たせるため、自ら商品を体験!

11時

11:30 昼食

仲良しのクライアント担当者の方と打ち合わせランチ。今後の企画や原稿の方向性について打ち合わせをします。

12時

12:30 取材・撮影

ランチからの流れで、美容室で最新ヘアアレンジ&ネイル、ヘアケア商品の撮影。

プロ美容系WebライターR.Nさん

★ここをチェック★

新商品や最新ヘア&ネイルのポイントをチェックします。

2時

14:30 ライターステーションとやり取り

ライターステーションの担当者とメールでやり取りをします。修正があれば対応し、フィードバックも要確認。ライターステーションの担当者の方は、指示が細かく丁寧で、質問にも親切に対応してくださるので、ライターにとって頼れる存在です。

プロ美容系WebライターR.Nさん

★ここをチェック★

次回以降の執筆に生かすため、フィードバックは要確認。

3時

15:00 執筆

事前に引き受けていたライターステーションの原稿を書き進めます。また、日中取材してきた別の美容サイトの原稿も、忘れないうちにざっくりとまとめて文章にしておきます。

5時

17:30 メールチェック

PM6時以降は家事育児に時間がとられるため、再度メールチェックを行い、返信が必要なメールはすべて返信しておきます。

6時

18:00 終わり

お疲れさまでした~!取材・撮影・打ち合わせ以外の執筆の時間は、一人孤独な作業。原稿が早く書き終わったときは「終わった~!エライぞ、私」と自分をねぎらいます(笑)。その後は、急いで保育園へ子どものお迎えへ…。

R.Nさんへのミニインタビュー

Q1.なぜ「気持ちを込めて文章を書くこと」についてこだわっていますか?

プロ美容系WebライターR.Nさん

美容ライターとして執筆するにあたって、自分に嘘がなく、読んだ方に喜んでもらえる文章の作成を心がけています。熱量がなく、気持ちのこもっていない文章は、読み手にも伝わるもの。そのため、商品を実際に体験してから執筆することには、こだわりを持っています。

また、ライターは作家ではないので、依頼してくださるクライアント様ありき。第一条件に、クライアント様の要望に沿った原稿を作り上げること、読者の方に有益な情報を届けることの双方がかなう文章を書きたいと思っています。

修正やフィードバックが入った場合は、どの部分が良くなかったのか、クライアント様のイメージと違っていたのかを確認して、次につなげていくことも重要な作業です。

Q2.上達させるために努力したこととは?

プロ美容系WebライターR.Nさん

もともと本やwebコンテンツを読むことが好きなので、毎日たくさんの文章を読んでいます。その際に、細かい言葉の言い回しや言葉じりに注意深く目を向け、これはいいなと思う表現があれば、携帯電話などですぐにメモを取り、ボキャブラリーの糧の一つとしてストック。文章の表現の幅が広がるように務めています。

Q3.全研の仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

プロ美容系WebライターR.Nさん

大好きな美容の分野にかかわり、楽しみながら謝礼もいただけること。自分のコンテンツを頑張って仕上げて、全研担当者の方やクライアント様に喜んでいただけたときにやりがいを感じます。満足していただけるよう内容が濃い文章を作成するために、執筆前の事前のWebリサーチも綿密に行っています。

Q4.Webライター業界を生き抜くために大事だと思うことは何ですか?

プロ美容系WebライターR.Nさん

締め切りを守るなど、業務に真摯に向き合い信頼を作っていくことと同時に、SEOなどのウェブ業界のスキルを勉強し、常に時代に合わせてアップデートしていくこと。

また、この20年で紙媒体からweb媒体に移行していったように、一生涯web媒体が主流とは限りません。ライターとして生き抜くためには、例えどんな媒体に変化しても、自分が発信する確たるコンテンツと筆力を持っていることがポイントだと思います。

Q5.他のWebライターさんにはない自分の強みは何だと思いますか?

プロ美容系WebライターR.Nさん

美容好きの一方で、ビジネスマーケティングが好きで、毎月数10冊のビジネス書を読んでいるので、時代の波にのった文章が書けるところだと思います。

キャッチコピーで賞を取ったこともあり、Webライターに必要なスキルの一つ「タイトルの付け方」が上手いとほめてくださるクライアント様もいらっしゃいます。

Q6.プロを目指しているWebライターさんに一言をお願いします。

プロ美容系WebライターR.Nさん

美容ライターは、結婚して家族を持ってからもずっと続けられる仕事です。

仕事を通じて、美容・健康・アンチエイジング業界の最先端の事情に詳しくなれるので、その知識を自分だけでなく、家族や友人など周りの人に役立てられるところも魅力です。文章を書くことや美容が好きな方には、楽しくておすすめのお仕事ですよ。

プロを目指している方にぴったりのライターステーション

いかがでしょうか?Webライターというお仕事を楽しむことで、周りの方のために役に立つ知識をアウトプットするプロのライター。ライターステーションの編集者もそういうWebライターさんを全力応援し、フィードバックをします。プロを目指すのであればぜひのぞいてみてください。

✎ライターステーションで
プロのライターを目指す

他のプロWebライターの一日も見てみましょう