ユーザーの難題をわかりやすく解決!
~ハウツー記事~

分からないことがあったらすぐにネット検索…そんな習慣が板についている現代人だからこそ、ハウツー記事には高い需要があります。困っているユーザーを即座に手助けできる、そんなハウツー記事の書けるライターは重宝されます。ハウツー記事はどうやったら上手に書けるのか、そのコツをご紹介します。

良いハウツー記事とは?

良いハウツー記事には、ユーザーに信用され、実際に試す価値があると思える特徴があります。ただの推測や噂話をまとめるのはNG。よく調べ、正しいハウツー記事を書けるようになりましょう。

ハウツー記事を書く時のコツとは?

信用できる情報のみを使用!

論文

ハウツー記事は、様々な悩みを抱えて検索からやってきたユーザーを助け、問題を解決するために提供されるもの。間違った情報や信憑性に欠けることを書いてしまえば、ユーザーの安全を保障できません。ハウツー記事を書く時には、「そこに書かれた内容を誰かが試すかもしれない」ということを念頭に置き、責任を持って丁寧にライティングしなければならないのです。

ハウツー記事をライティングする際は、ネットのまとめ記事よりも、専門家が監修した記事や、何度も構成された書籍・論文から情報を探した方が無難です。「専門家が発言した」という事実のある情報だと、それを読んだユーザーも安心できますし、確実に問題を解決に導けます。

説得力が増す数字の使い方

数字

書いた記事の説得力を増すためには、数字を上手に使うのが効果的。例えば「大半がそうです」と書かれているよりも、「80%以上がそうです」と書かれている方が、より具体的な情報に感じられますよね。

もちろん論文や書籍からそのまま数字を引用してくると、場合によって内容を理解できずユーザーがキョトンとしてしまいます。例えば「10人中8人が」と論文に書かれていたのであれば、記事に書くときにはその8人がそのような行動を取った理由やその結果から生まれた発見や情報を説明してみましょう。ハウツー記事に数字を入れる際は、情報元となる論文や書籍を読み込み、自分なりに噛み砕いて内容を理解・分析するスキルもあると良いでしょう。

正しさを重視。在宅ライター募集サイト「ライターステーション」

writerstationHP
引用元HP:ライターステーション
https://writer-station.com/

在宅Webライター募集サイト「ライターステーション」を運営している全研本社は、常に4000~5000ものサイトを製作・運営しており、各分野でのライティング依頼を出しています。その中で、編集部はユーザーに正しい情報を届けることを大切にしており、Webライターに依頼して書いてもらった原稿をよく読み込み、根拠があるかどうか注意深く確認しています。

Webライターさんが質の高い記事を書けるように全力でサポートしているので、「正しい情報が書けるか自信がない」というライターさんは、ぜひ遠慮なくご相談くださいね。未経験ライターさんも同様に、正しい記事が書けるよう、ライターさんに寄り添って一緒に記事作成に取り組むのでご安心ください。

ライターステーション
についてもっと詳しく