CMS入稿ができるWebライター

最近では、CMSや同様のシステムを使って入稿するスタイルの依頼が増えつつあります。現在CMSで入稿できるWebライターがまだ少なく、編集者にとってはありがたい存在です。では、CMS入稿ができるようになるために、どのようなスキルを身につけるべきでしょうか。解説していきます。

CMS入稿とは?

CMSは「コンテンツ管理システム(Contents Management System)」の略語で、より容易にWebサイトを構築するためのシステム。この数年認知度が上がり、企業がサイトを制作する際によく導入されています。CMS入稿とはライターがCMSで原稿を納品することです。

CMSで入稿すれば、メールやチャットルームなどを通さず、直接納品することができます。それは、編集者にとってもWebライターにとっても1つのステップを省くことができ、非常に効率的で便利ですよね。もしCMS入稿ができれば、お仕事の幅が広くなるに違いません。

CMS入稿ができるWebライターになるには?

CMS入稿を行うため、HTMLコードを使用し、入力フォームに文章を入稿することが必要です。まったくCMSを利用したことがない方はネットや本でHTMLの基礎知識を少し勉強してから、CMSで自分のブログやサイトを設置し、慣れていくことをオススメします。現在日本で一番多く導入されているCMSはWordPressです。個人でも無料で利用できますので、インストールして操作に慣れておきましょう。HTMLやCSSでの装飾も含めた編集ができるようになると、その分報酬もアップしやすくなります

要注意なのは、CMSはサーバ上に設置されたシステムのため、サーバが不具合などが発生する際に、原稿が消えてしまう可能性があります。原稿はまず自身のローカルパソコンで完成させてからCMSに入稿するようにしましょう。

ライターステーションでCMS入稿案件をこなしてみませんか?

writerstationHP
引用元HP:ライターステーション
https://writer-station.com/

在宅Webライター募集サイト「ライターステーション」からのライティング案件は、殆どCMSを使って作成されたサイトの依頼です。CMS入稿が得意なWebライターさんにはたくさんのお仕事が常に用意されています。また、CMSに慣れていない方やこれから覚えたい方も大歓迎。ライターステーションのお仕事でCMSの操作に慣れ、様々な依頼をこなせるようにしましょう。もし興味がある方は案件を対応する際に、ぜひ編集者にCMS入稿についてお問い合わせください!

ライターステーションに登録